煙草をSTOP!する男性の写真

今現在タバコを吸っていて辞めたい、とお考えの方。そろそろこの辺で真剣に禁煙に挑んでみてはいかがでしょうか。まずは禁煙する、という意志を強く持つ事から始めてみましょう。禁煙が実現できそうな方法を紹介していきます。

過量喫煙によるCOPDに対する禁煙の効果

過量に喫煙している方はCOPDという疾患にかかるリスクがあります。COPDとは慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、名前の通り、慢性的な炎症のために肺の中の肺胞と呼ばれる部位が破壊されることで呼吸機能が低下する疾患です。呼吸機能の低下は、患者さんにとっては苦痛の大きなもので、さらに、インフルエンザや肺炎などにかかると致命的になる恐れがあります。悪化すると酸素吸入の医療機器を手放せなくなります。加えて、COPDに罹患すると破壊された肺胞は元には戻らず、どのように治療を行っても呼吸機能は改善されません。症状の悪化を防ぐ治療のみとなっております。この場合の治療は、禁煙と薬物治療です。薬物については、気管支収縮を抑える薬や気管支拡張薬、痰が詰まらなくする薬、場合によってはステロイド吸入薬といった複数の治療薬を用いて治療しますが、内服薬や吸入薬、外用薬などと複雑です。息苦しさと生活の制限、どんなに頑張っても元には戻らないということが患者さんの大きな苦痛となる場合が多く、途中で治療を諦めてさらに悪化するケースも少なくありません。この疾患の原因の9割以上が過量喫煙によるものと言われております。したがって、タバコを吸わなければほぼかかることはないでしょう。喫煙している方も禁煙さえすれば予防できます。症状の辛さとは裏腹に、他の複雑な疾患と比較しても極めて単純でわかりやすく、理屈の上では簡単に予防できる疾患です。しかし、過量に喫煙者が禁煙することが非常に難しいことは周知のとおりです。禁煙方法は、人それぞれ合った方法をとればいいでしょう。上記のようなCOPDに罹患した時の辛さを想像することも一つの予防策かもしれません。