煙草をSTOP!する男性の写真

今現在タバコを吸っていて辞めたい、とお考えの方。そろそろこの辺で真剣に禁煙に挑んでみてはいかがでしょうか。まずは禁煙する、という意志を強く持つ事から始めてみましょう。禁煙が実現できそうな方法を紹介していきます。

禁煙と就業時間の話、言葉で正しくセルフコントロール

喫煙にはリラックス効果があります。
そのため、ストレスフルな労働条件で頑張る社会人の多くが、就業時間の合間を縫って喫煙します。
自力では解消し切れないイライラをタバコの力を借りて何とか払拭する、という人々もいるでしょう。
ただ、タバコの吸い過ぎは身体に毒です。

また就業時間の合間合間に喫煙スペースに出掛けていては、周囲の人々からひんしゅくを買う結果になります。
タバコを吸わない人々から見れば、休憩時間とは別に就業時間の合間合間に喫煙スペースに出掛けて一服する人々はサボり魔に映ってしまいます。
本人はリラックス効果を得られても、就業時間を度々削って持ち場を離れてしまっては、結果的に職場で肩身が狭い思いを強いられます。

そもそもタバコは有害性が強く、心臓や肺に与える負荷が大きいです。
職場で肩身が狭い思いをしたくない方や健康的な老後を過ごしたい方は、覚悟を決めて禁煙してみましょう。
今では専用のガムや飴、医薬品、電子タバコ等、今まではなかった禁煙グッズが用意されています。

また禁煙グッズに加えて、言葉で自分自身をセルフコントロールするのも効果的です。
「禁煙を達成したら、自分へのご褒美を買うぞ」や「禁煙を失敗したら、職場のみんなから嫌われてしまうぞ」等など、
自分から自分へと飴と鞭になる言葉を投げかければ、途中でギブアップしてしまう事を予防出来ます。

そして禁煙という言葉を部屋の壁に貼ってみるのも効果的です。
決心が揺るぎそうになった時、毛筆で描いた禁煙という言葉が目に入れば、衝動的にタバコが伸びてしまっても、そこで踏みとどまれます。
言葉は想像以上に人に影響を与える存在です。上手く言葉でセルフコントロールすれば、ヘビースモーカーの方も禁煙が無事達成出来るでしょう。