煙草をSTOP!する男性の写真

禁煙を頑張ってみよう

今現在タバコを吸っていて辞めたい、とお考えの方。そろそろこの辺で真剣に禁煙に挑んでみてはいかがでしょうか。まずは禁煙する、という意志を強く持つ事から始めてみましょう。禁煙が実現できそうな方法を紹介していきます。

禁煙によってお財布を潤しましょう

煙草は肺ガンや脳梗塞などのリスクを負うとも言われています。また、煙草は喫煙をしていない家族などにも肺ガンや脳梗塞と言ったリスクを生じさせてしまうケースも在るなど、煙草による健康被害というものが在ります。更に、受動喫煙などにより分煙化が進められているため、喫煙することが出来ない施設が増えていること、電車、タクシー、バス、飛行機と言った乗り物は禁煙となっており、喫煙が出来ないケースも多く在ります。また、煙草の値段は消費税が5%から8%になった段階で400円代から500円と言う値段に上がっている事、次の増税時には煙草の値段はさらに上がるなどの理由からも、経済的にも無駄と感じる人の中には禁煙を実施する人も増えています。健康に害が在る事、その健康は家族にも及ぼす事、喫煙をする場所が減っている事、そして煙草の値段が上がっているなど様々な理由で禁煙をする人が多いわけですが、1日1箱420円の煙草を1か月間吸い続けた場合、一か月の煙草代は420円×30日=12,600円になります。これを一年間続けると、12,600円×12か月=151,200と言った金額になります。1日一箱だけでも年間15万円と言うお金がかかる事になります。15万円と言うお金が在れば、新しいパソコンを買い替える事も出来ますし、旅行に出かける事も出来ます。更に、家電品の購入をしたり、グルメを味わう楽しみ、洋服を購入するなど色々な事にお金を使うことが出来ますし、禁煙が出来たことで煙草による健康被害を受ける事も無くなるなどのメリットにも繋がるわけです。1日にすると420円と言う金額ではありますが、これが1年間ともなると15万円分のお金を禁煙により節約が出来ると言うメリットが在ります。

禁煙をすることにより健康な体に戻す

そもそも喫煙者が喫煙を始めたきっかけは、どこにあるのでしょうか。大人が吸っているタバコが、子供にとってはかっこよく見えて、ちょっといたずらしてみようかということから、常習的になってしまう場合もあるでしょうし、ストレスを改善できるとか、痩せられるとかいうことを信じて始めてしまった方もいることでしょう。しかし、昔からタバコは誰もが百害あって一利なしと知っているはずなのです。それでも、なぜ喫煙者が世の中に存在するのか、それは結局、悪いことはしてはいけないけれど、何となく悪いことには魅力があって、それに惹かれてしまう人が多いということなのかもしれません。喫煙が喫煙者だけの健康を害しているのではないことは、現在ではよく知られていることだと思います。だからこそ、学校などの敷地内や公共の場、飲食店なども禁煙にしたり、分煙にしたりという時代の流れになっているのです。タバコの煙は、まず喫煙者の肺などに入ったものが吐き出されて、周囲にいる人もそれを吸い込んだり、副流煙といってタバコに火をつけただけで発生する煙を近くにいる人が吸い込んで、喫煙者だけではなく、周りにいる人の方がガンになることもあるのです。また、喫煙によって血流が悪くなり、肌荒れや、生理不順などに陥ることも考えられます。そのうえ、体質によってはガンになる以前に、喫煙者が肺気腫という病気になって、普通に肺で酸素を取り込むことができなくなり、苦しんで死に至る病気になる場合もあるのです。
そういったことを考えたとき、喫煙者はすぐにでも禁煙を目指せればよいのですが、タバコには残念ながら習慣性があります。けれども、それを何らかの力を借りて乗り越えることができれば、今からでも自分と周囲の大切な人の健康を取り戻すことができるはずなのです。

他に没頭をする事柄を見つけ禁煙

タバコによる健康被害が広く知られるようになったことを受けて、禁煙に取り組む人も多くなってきました。特に生活習慣病についての理解が進むにつれて、喫煙が肺癌やCOPDだけでなく、多様な疾患のリスクファクターとなるということが知られるようになり、健康的な生活を生涯にわたって送れるようにするためにと禁煙に踏み切ろうと努力する動きが強くなってきています。しかし、タバコに含まれるニコチンには依存性があるという問題があり、それに加えてストレス発散の方法としてタバコを吸っている場合も多いことから、なかなか禁煙を達成できずに苦労する人も少なくありません。医学的な意味での依存症になってしまっている場合には禁煙治療を行うなどの方法をとらなければ禁断症状に悩まされてしまうことになりますが、そこまでの状況になっていないのであれば努力次第で医療の力を借りずとも禁煙を達成することが可能です。そのための考え方として重視するべきなのが、ストレス発散の方法を他に見つけ出すということです。タバコによってストレスを解消しているという人は多く、それが禁煙を難しくしていることが事実です。そのため、他に没頭できる事柄を見つけて、それによってストレスを発散していくというアプローチが禁煙に有効であることが多々あります。スポーツや文化芸能などの趣味を始めるというのがその基本であり、それに没頭して楽しんでいるうちにストレスを解消できれば喫煙に対する魅力が自然と薄れていくでしょう。特にスポーツの場合にはタバコによって体力不足を引き起こしてしまいがちになることから、タバコを諦めるということの動機付けにしていくことも可能であり、没頭する事柄として有用な選択肢です。